スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
陶器の街 鶯歌
台湾鉄道で陶器の街へ行きました。
台北駅から電車で30分の鶯歌駅。
「鶯歌」はイングーと読むようです。
駅名も何だか素敵です。

鶯歌1

鶯歌陶瓷老街
石畳の道沿いに、陶器や磁器のお店が続いています。

鶯歌3

安達窯
とても有名なお店なようです。台北の中山にもお店ができていました。

何気なく最初にはいったお店の店員さんが丁寧に説明してくださって、
しかもとっても美人でした。
こちらで購入したらショップカードをくださって、
近辺に3店舗あるとのことでした。

青磁の器がとってもきれいです。
(※お店の方へ許可をいただいて撮影しました。)

鶯歌5

青磁は電球に照らすと模様が透けて見えます。
夫が写真を撮っていました。

鶯歌8

電球にかざすと…

鶯歌9

模様が透けてとても繊細です。

ご飯のお茶碗2客と、台湾のお茶を入れる時に使う小さな器を選びました。
家で使ったり飾ったりしています。
ご飯のお茶碗はちょっと形が手になじまなくて、
結局古いお茶碗を使っています。
壊さないように、たまに使うくらいになりそうです。

鶯歌12

鶯歌11

駅に近い道の風清堂。
お花や蝶の繊細な柄で、とってもかわいい。

迷って小さな急須とお茶碗のセットにしました。

鶯歌10

急須の取っ手と蓋を繋ぐ赤い紅線を、
その場で編んで付けてくれました。
早いしきれいです
刺繍で習ったエビ編みと似ています。

鶯歌7

最後は切ってからライターであぶっていました。
溶かして留めていたようなので、
ポリエステルのような素材の紐なのだと思います。

この陶器の街。
高級なものから、お安いものまで沢山お店があって、
もっと散策したかった。
また行きたいな~。

鶯歌4

電車で帰りま~す


テーマ:刺しゅう - ジャンル:趣味・実用

[2016/04/04 23:35 ] | 台湾 | コメント(3) | トラックバック(0)
<<シザーキーパー | ホーム | 台湾の手芸屋さん>>
コメント
青磁の器きれいですね。
模様が透けるほど繊細なんですね。

鶯歌駅ってお名前も素敵。
ただ今deka-mamaのおうちのそばで
鶯が鳴いています。
偶然!
こんな素敵な陶器に会えるところ。
きっと鶯が鳴くんでしょうね。
[2016/04/05 17:26] | URL | deka-mama #WMNODiD. [ 編集 ]
青磁の器きれい~☆。
模様が透けるほど繊細なんですね。

鶯歌駅ってお名前も素敵。
ただ今deka-mamaのおうちのそばで
鶯が鳴いています。
偶然!
こんな素敵な陶器に会えるところ。
きっと鶯が鳴くんでしょうね。
[2016/04/05 17:27] | URL | deka-mama #WMNODiD. [ 編集 ]
deka-mamaさんへ

たくさんコメントをいただきありがとうございます( ;∀;)
鶯が鳴くような素敵な場所にお住まいで、
羨ましいです。
昔は実家でも春に小さな桃の木に鶯がとまって鳴いていて、
ピンクの花に鶯ってきれいだな~と眺めていました。
鶯歌の由来は、やはり鶯が鳴くからなのかもしれないですね。

[2016/04/05 22:17] | URL | usapiko #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://pikolapin.blog.fc2.com/tb.php/127-2f1697b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。