元気になったパンナちゃん
先週のパンナちゃんです。
牧草の堅いところももぐもぐ食べています
もう11歳なので、寝ている時間が長くなりましたが、
毎日お部屋のパトロールもしています。



昨年の11月から12月頃は、母とパンナが両方とも病気になり大変でした。

パンナは一番具合が悪いときはぐったりして食欲もなく、
抱き上げてもぐんにゃり力がない状態でした。

母は心配でパンナを1日でも入院させてもらえないかと、
病院へお願いしたのですが、獣医さんはこの状態ではもう預かれない、
覚悟をしておいてくださいとおっしゃったそうです。

私と妹も実家へ行ったのですが、
母がパンナを連れ帰ってきた時の悲しそうな様子に、
もうダメなのだと思いました。

元気になってくれたのは奇跡だと思っています

DSC_0991.jpg

パンナちゃんがんばってくれて本当にありがとう

いつも助けていただいている獣医さんにも感謝しています。

レントゲンに結石のようなものが写っているので、
これが原因かはわからないけれどとおっしゃって、
痛み止めと点滴の処置をしてくださいました。

翌日には良くなってきたので、
恐らく結石の痛みが辛くて食欲が無くなり、
どんどん具合が悪くなっていたのでしょう。

母はパンナちゃんは痛くても口がきけないから、
ずっと我慢していたのに、気付いてあげられなくて、
ごめんねと何度も言っていました。

DSC_0995.jpg

今はだいぶん食欲も戻り、牧草やお野菜も食べています。
ペレットだけは前より量が減っているので、
うさぎさん用の栄養補助粉末食品を水で練ったものも食べさせています。

父がパンナにシリンジでご飯をあげているところです。
鬼瓦のような顔の父がパンナちゃんを抱っこしているのは不思議です。

DSC_0996.jpg

父の方法だと人間の赤ちゃんみたいな角度になっていて、
これで大丈夫なのか心配になりました
獣医さんに確認したところ、大丈夫とのことなので安心しました。

パンナはこの強制給餌で抱っこされるのが嫌いなので、
タオルで顔以外はくるみます。
かわいそうなようですが、暴れて骨折したりしないようにするためです。

父はこれまでパンナの世話をしていなかったのですが、
母が病気で世話を出来ない間に代わりに始めたのです。
そして父性が芽生えてしまったようで、
今ではパンナへご飯をあげる係りを誰にも譲ろうとしません

パンナちゃんにとっては災難ですが、
皆かわいいパンナちゃんを抱っこしてご飯をあげたいのです



テーマ:刺しゅう - ジャンル:趣味・実用

[2017/02/15 23:30 ] | うさぎ セキセイインコ | コメント(4) | トラックバック(0)
台湾 初日は富錦街を散策 2016・12・30
台湾旅行のことも少しずつ記録して行こうかと…。
去年の年末ですが…。
行きの飛行機からは富士山がきれいに見えました。



DSC_0771.jpg

松山空港へ着いたのがお昼過ぎ。ホテルへ向かうには早いので、
空港のコインロッカーへスーツケースを預けました。
(実際はコインロッカーを探すのにとても時間がかかったのですが、
何とかなりました
タクシーで「Aphrodite 欧州跳蚤市場」へ向かいました。
到着までに10分もしなかったと思います。
ここは、最初に台湾へ旅行が決まった時に調べていた場所ですが、
4回目にしてやっと来ることができました。

DSC_0772.jpg

アンティークショップです。
全く台湾らしくありませんが、西洋のアンティーク好きとしては来てみたかった。

DSC_0774.jpg

広い倉庫のようなところに、家具や照明や器や時計や…
とにかくぎっしり色々あって、とっても面白い場所でした。

DSC_0775.jpg

置いてある家具の中にも陶器が入っていたので、
じっくり見たかった。

DSC_0776.jpg

でも、いくら空港へ近いからといって、
台湾へ着いてすぐに来るにはちょっと順番が良くなかったかも。

興味の無い夫はすぐに飽きてしまい、
もう次へ行きたい様子をじわじわと発していました

うさぎさんグッズに目がない私は、バニキンズの貯金箱を発見。

DSC_0777.jpg

結局何も買わずに出てきました。
到着して直ぐなので、まだ買い物には早すぎる気持ちもありました。
今度は目的を持って来たいな~と思います。

その後、空港近くまでバスで戻ってみようと思い、バス停へ行きました。
どのバスに乗ればいいのかわからず、路線図を見て苦戦し…
何とかそれらしきバスに乗って、空港手前で降りました。

目的地はおしゃれな富錦街です。
台北ナビさんで富錦街を紹介されていて、気になっていたのです。

素敵なカフェが沢山あって、入ってみたかったのですが、
夫は興味なしでした

来てみたかったフランス雑貨のお店を発見したので、
そこへは入ってみました。

DSC_0778.jpg

Perit Province 小普羅旺斯。

DSC_0779 (1)

とにかく可愛いい! こんな部屋に住みたい

DSC_0783.jpg

記念にうさぎのネックレスを購入しました。
フランスの作家さんのだけど…。日本でも売っているかもしれないけど…。

DSC_0788.jpg

お店の女性は感じが良くて、とっても親切でした

DSC_0786.jpg

紙袋にツリーのチャームを付けてラッピングしてくださいました。

その後は、散策しながら空港へ戻り、タクシーでホテルへ向かいました。
台北 シティ ホテル(台北城大飯店)
赤レンガがレトロなとっても好みの外観です 
バロック様式の古い建物です。

DSC_0223 - コピー

1階から3階までは台湾のパイナップル王と呼ばれた葉金塗の元邸宅(1929年完成)です。
遺跡として保管されています。
4階から11偕はグレーの花崗石材を利用した新しい建物です。

建物にはホテルの入り口とは別に、
1階から入れるスターバックスがあります。

前回、GWの旅行の時にこの中にあるスターバックスの2階でお茶をしました。
台湾駐在中の夫の同僚から、「とても素敵な建物と内装のスタバがあるので、
行ってみたら」と教えていただいて知ったのでした。
その時に、ここに泊まってみたいな~と思っていたので、嬉しいです。

迪化街に近く、通りを挟んで斜めにカルフール(スーパー)もあるので便利です。

お部屋も広くて良かったです。

DSC_0785.jpg


DSC_0834.jpg

夜も綺麗です












テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

[2017/02/05 23:52 ] | 台湾 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |