オルゴールの箱
もう一年ぐらい前に習ったのに、
途中になっていたオルゴールの箱を仕上げました

オルゴール

外側は出来上がっていたのですが、
内箱と箱受けを作っていませんでした。

オルゴール

近々、8番刺しゅう糸を収納出来るサイズで、
刺しゅうを蓋に張ったカルトナージュを作る予定です。
内側は2段にして内箱を付けるつもりです。

その為にも内箱付きの箱を作って、
思い出しておこうと仕上げてみました。

オルゴール

カルトナージュの先生のアトリエで習ったので、
布も先生の所で選ばせていただきました。

男の子や天使や小鳥の模様です

オルゴール

オルゴールの箱なので、本当はオルゴールが中に入るはず。
でもアクセサリーを入れようかなと思っています

オルゴール

明日は8番刺しゅう糸用の箱を作るつもりです。
というか、まずは設計からかな…


テーマ:ハンドメイド - ジャンル:趣味・実用

[2014/04/27 21:24 ] | カルトナージュ | コメント(0) | トラックバック(0)
生徒さんの作品
去年の終わりに課題とした南天の刺しゅう
仕上げて持って来てくださいました。

お家の事や手作り品の販売イベント等でお忙しいので、
ご自分の時間を作るのは大変だったと思いますが、
とっても丁寧な針目で刺してあります。

そしてレースとチャームをつけてアレンジなさってます。

南天

その方らしさが加わって、和風ではなく、
ナチュラルな雰囲気になって素敵です

そういえば教室の生徒さんの内お二人、
アナと雪の女王をご覧になった方がいらしたので、
感想を伺いました。

意見は真逆で「すごく良かった」と「期待外れ」に分かれました。
同じ映画を見ても、全く違う感想で面白かったです。





テーマ:刺しゅう - ジャンル:趣味・実用

[2014/04/23 22:29 ] | 教室 | コメント(2) | トラックバック(0)
アナと雪の女王
先日、アナと雪の女王を見てきました。

映画のCMを見ただけで、前評判等を知らずに見に行きましたが、
とっても素晴らしかったです。

映像の美しさはディズニーらしい夢と魔法の世界そのものでした
思いがけなく良かったのは音楽です。

思いがけなくとは、静かなのが好きで、
普段あまり音楽を聴かない私にとってです。
後からネットやテレビを見てみたら、
既にとても評判だったのですね。

エルサの「Let It Go」は不意打ちで、
感動してしまいました。

雪と氷の世界のシーンがとっても美しく、
更にエルサが心情を歌い上げる音楽が、
こんなに心に残るとは思いませんでした。

あ~びっくりした

そこで何これ? なのですが、
雪っぽい作品がこれしかなかったので何となく載せてみました。

うさぎ


アナもクリストフとトナカイのスヴェンの引くそりに乗っていましたね。
何だかそりって好きなんです。
小さいのや大きいのや、装飾も凝った芸術的なものもありますよね。
ナルニア国物語でも魔女がそりに乗っていました。

そりはともかくとして、
一番気に入ったのは雪だるまのオラフでした。

この夏に憧れる雪だるまのシーンでは、
いちいち笑ってしまいました。

鑑賞の仕方としては間違っているかもしれませんが、
オラフの性格がセキセイインコのピコちゃんにそっくりに思えて、
余計にかわいく思えてしまったのです。

piko

正面からだと雪だるまっぽい?
私だけがそう思っていたのでいいのです。

オラフのやさしさや純粋さや一途さ、雪だるまの溶けてしまうはかなさなどに、
なぜか切ない気持ちになりました。

凍えそうなアナの為に暖炉で火をつけてあげて、
アナが溶けてしまうから行きなさいと言ったあとの、
オラフのセリフで涙が出たのは私だけ

とにかく良かったです。
今回は字幕版を見ましたが、吹き替え版も行こうかなと思ってます。




テーマ:刺しゅう - ジャンル:趣味・実用

[2014/04/23 00:00 ] | お出かけ | コメント(0) | トラックバック(0)
小さなバッグ
大分前に妹へのプレゼントに作ったミニバッグ。
裏には妹のイニシャルも刺しゅうしました。
私たち家族の永遠のアイドルである、
うさぎのパンナちゃんとインコのピコちゃんの刺しゅうをしました。

なぜか未だに手元に…。
一度、妹に見せましたがちょっと地味だったみたいです。
もっとラインストーンとかパールとかフリルとかつけて、
ラブリーにしてほしいとのことでした。

ふむふむと持ち帰ってそれっきり飾ってます。
そのうち手を加えるかも…。
今月は妹の誕生月だったので思い出しました。

うさぎ

バッグの持ち手へ付けられるようになってます。

うさぎ

色々と付け過ぎですね

最近のパンナちゃんの写真を母が送ってくれました。
母のベッドの上にいる写真です。
ベッドの上でも更に少しでも高いところが好きで、
枕や畳んだタオルを置くとそこへ移動します

うさぎ

パンナちゃんは小さい頃から高いところが大好きでした。
家へ来た日にすぐに、ソファーの上へ行ってましたし、
ケージの中でも丸太のトンネルの上へ登っていました。
干した布団を取り込むとその上へ行きます。

うさぎさんは骨が弱いため、高いところは危ないです。
あまり高いところへは行けないようにしています。

そして最近はライバルも出現しました。

うさぎ


妹のもうすぐ一歳になる息子です。
4つ脚の動物が現れたので、縄張りを守ろうとしたのでしょうか?
耳が後ろへ倒れていて臨戦態勢です。

妹によるとこの後でパンナにお尻と腿を噛まれたようです
もちろん泣いたそうです。男の子はこうやって強くなるのだ…?

パンナは普段は噛みついたりしません
噛まれたといっても、うさぎさんの口なんて小さくてかわいいものです。
服の上から前歯が当たった位ですね。
パンナのお家だから仕方がない、
パンナはかわいいから仕方がない…?と皆納得していたようです



テーマ:刺しゅう - ジャンル:趣味・実用

[2014/04/10 20:09 ] | うさぎ セキセイインコ | コメント(4) | トラックバック(0)
生徒さんの作品
ハンカチケースを一番に仕上げて下さった生徒さんの作品。

私がご用意したのはSAJOUリネンのサジューブルーへ生成りの糸でした。
その課題を仕上げて下さって、
さらに色違いのSLATE GREYへ紺の糸で作っていらっしゃいます。

ハンカチケース

グレーもシックで素敵です
色が変わると印象が随分違うものだと思いました。

ハンカチケース

目が疲れるとおっしゃてましたが、
ひっそりと2つも作ってしまうところが凄いです

カサルグイディで目が疲れる、肩がこる、指が痛いなどと言っている私…
ちゃんとがんばらないと~



テーマ:刺しゅう - ジャンル:趣味・実用

[2014/04/09 22:27 ] | 教室 | コメント(0) | トラックバック(0)
色々な刺しゅう
最近は全ての刺しゅうが途中になってます
刺しゅう以外の事(インテリアや旅行等)に気を取られていることもありますが、
主にしているカサルグイディという刺しゅうが細かくてあまり進んでいません。

好きなのですが、自分で絵を描いて図案にして刺す刺しゅうとは異なって、
伝統的な刺しゅうはステッチや図案に決まりがあるので、
法則に従って刺していかないといけません。
私には根気がいる作業です。。。

カサルグイディ

麻布の糸を抜き、その中へレースのような刺しゅうをします。
出来上がるととってもきれいですが、本当に大変です。
さらには変な力が入るのか、指も痛くなりました

この前年賀状用に刺したような、
うさぎやメリーゴーランドなど自分が好きな世界だけを描いて、
ゆる~く刺しゅうするのと違って、気持ちも引き締まります。

そのゆる~い刺しゅうも額装するといい感じになりました。
この額縁はとっても気に入っています。

うさぎ

そんなカサルグイディで頑張っていて、
最近新しい作品が中々出来上がらないので、
過去の作品を少々。

カルチャーで習っているカルトナージュですが、
特別講習で先生のアトリエでトランクを作った時のものです。
トランクの蓋が額のようになり、好きな柄のプリント生地を入れることができます。

先生はかわいい絵本のワンシーンのような柄の
プリント生地を入れてらっしゃいました。
その他の生徒さんもリバティ等おしゃれなプリント布を入れていらして、
どれも個性が出ていて素敵でした。

私は刺しゅうを入れて作ってみました。
イチゴのスタンプワークです。
花びらも実も立体的にしています。

トランク

外側の水色のスキバルは、先生がフランスから持ち帰ったものを、
購入させていただきました。
内側は大分前から持っていたストライブの布を使いました。

トランク


春でイチゴの季節なのでふと思い出して載せてみました。
季節に関係なくイチゴの図案はかわいいので好きです。
食べるのも大好きです




[2014/04/06 23:58 ] | 刺しゅう | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |