スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
ベトナムでオーダーメード
ベトナムでオーダーメードした服のご紹介。

まずはリバティープリントのワンピース。
テーラーはCOCOです。
ワンピースをいくつか試着し、
その内の1つと同じデザインで作っていただきました。

2016_1_26テーラー3

日本で購入した生地でお願いしました。
このリバティーは日本人のアーティストがデザインしていて、
物語のような柄と紫のようなグレーのような微妙な色も好きです。

DSC_0416.jpg

身体を採寸して作るのでぴったりサイズですし、
襟元の開きや裾の長さも指定できます。

同じテーラーで作ったスカート。
左は日本の既製品のスカートです。
このスカートを見本に持ち込んで、同じ型の色違いをお願いしました。

出来上がったのが右の白いスカートです。
生地はお店で選びました。

2016_1_26テーラー1

既製品は裏地が無いタイプですが、
白は透けるので裏地有りでオーダーしました。

実は以前から裾にカットワーク刺しゅうをした白いリネンのスカートを
作りたいと思っていました。
それで、後から刺しゅうを出来るように、
裾は折り返し仕上げは無しでお願いしたのです。
普通は刺しゅうしてからスカートに仕立てるのでしょうね

夏までに刺しゅうできるかな~?

別のテーラーのUSAGIでオーダーしたコート。
左のキャメルが私ので、右が夫のです。

2016_1_26テーラー2

夫のは問題なかったのですが、
私のはお腹のボタンを留めるとパツンパツンでした

お腹も採寸したのになぜ?とお店の方へ尋ねると、
「このコートは全部ボタンを閉めないで、前は開けて着るのがカッコイイ」
…とニコニコ説明されてしまったのでした。
やはり常夏の国の人だからでしょうか?

なぜかその店員さんはお店で裸足でした。
色々と突っ込みどころが多かったです。

そういばネットで見たベトナムオーダーメード体験談に、
女性の服は注意しないとかなりタイトに作られてしまうとありましたが…。

夫には服に体型を合わせるべきと言われました。
できるかな

この他に、夫はスーツ2着とワイシャツ3枚を作りました。
たった一日でこれだけの服を作ってしまうなんて、
何人で作っているのでしょうか?

なんだかんだでオーダーメード楽しかったです




スポンサーサイト

テーマ:刺しゅう - ジャンル:趣味・実用

[2016/01/29 23:57 ] | ベトナム | コメント(0) | トラックバック(0)
ベトナム3日目の続きの続き
旅行から1か月以上過ぎてしまって、
いつまで3日目なんてやってるの~って感じですが

この日は建築巡りの後は、
マッサージへ行ったり、お買い物をしたりしました。
夫はマッサージで足が生き返ったようでした。
美術博物館へも行きました。

DSC_0090.jpg

ここは絵画も沢山展示がありましたが、
建物が美しかったです~。
床のタイルや窓のステンドグラスが素敵でした。

DSC_0089.jpg

DSC_0084.jpg

DSC_0081.jpg


美術博物館のすぐそばの、
レコンキエウ(Le Cong Kieu)通りへ行ってみました。
事前に調べた情報だと200ⅿ程の通りに、
50件位のアンティークショップが連なるとありました。

DSC_0092.jpg

建物も古くて雰囲気がありました。
全くアンティークに興味が無い夫はスタスタ歩いていくし、
お店は薄暗くて入りづらかったです。

建具金物屋さんらしきお店。

DSC_0094.jpg

よく見てみたかった。

DSC_0095.jpg

でも夫の脚はマッサージの魔法がとけてしまったようで、
座ってお茶を出来るところへ行きたいようでした

DSC_0096.jpg

DSC_0097.jpg

他にも骨董かガラクタかって感じの心惹かれるお店がありました。
刺しゅうとかレースとか布系は見かけませんでした。
置物や壺や家具のお店が多かったです。

今回はもう1か所行きたいアンティークのお店があったのですが、
結局行けませんでした。次の機会があったら行きたいです

次はテーラーでオーダーした洋服のお話を…



テーマ:刺しゅう - ジャンル:趣味・実用

[2016/01/26 22:16 ] | ベトナム | コメント(0) | トラックバック(0)
ベトナム3日目
お正月の3日に朝から何もないところで転んでしまいました。
しかも顔から地面にダイブするように
右の頬骨上を擦りむいて、腫れるしで、大変でした。
年の初めから顔半面に白い貼り薬を付けて仕事やお出かけです

初日は真っ赤な洋ナシ位だった腫れも、
翌日は大きなイチゴ位になり、
今はコイン位の大きさで色も薄くなりました。
最初に氷嚢で冷やしたのが良かったようです。


そして、もう一か月過ぎてしまいましたが…

三日目はコロニアル建築散歩から始めました。
フランス統治時代の名残を残す西洋風の建物めぐりです。

まずはホテルからドンコイ通りをサイゴン川へ。
朝のサイゴン川。水は黄色っぽくて濁っていました。



公園にはなぜかペンギン型のごみ箱が。

DSC_0058.jpg

1925年創業マジェスティックホテル。
カトリーヌドヌーヴ等の著名人が宿泊なさったそうです。
ホテルの前の広い道路には、バイクが羊の群れのように密集して走っていました。
その中を渡るので生きた心地がしなかったです。

DSC_0059.jpg

1930年創業のグランドホテル

DSC_0060.jpg

カティナホテル
ここのカフェに行ってみたかった。

DSC_0063.jpg

市民劇場。1898年に建てられたバロック様式のオペラハウス。

DSC_0043.jpg

宿泊していたは1880年創業のコンチネンタルホテル。
カトリーヌ・ドヌーヴ主演のフランス映画「インドシナ」の舞台。
映画を観ていませんが…。

DSC_0031.jpg


1908年建造の人民委員会庁舎

DSC_0064.jpg

19世紀末に建造されたネオ・ゴシック建築。聖マリア教会

DSC_0067.jpg

1886年から1891年にかけて建てられた中央郵便局

DSC_0069.jpg

この郵便局の中が素敵でした

DSC_0071.jpg

この時点で夫は暑さと足の疲れで、ベンチで休んでいました。
その間に私はハガキと切手を買いました。

旅先からハガキを出すのは好きです。
翌日ホテルから出したハガキが届いたのは、
年賀状とほぼ変わらない時期でした

この日はここまででまだお昼前でした。
私は建物めぐりが大好きなのでとても楽しかったです。
日差しがギラギラで暑かった~。






テーマ:刺しゅう - ジャンル:趣味・実用

[2016/01/15 01:20 ] | ベトナム | コメント(2) | トラックバック(0)
ベトナム2日目の続き
1月2日の今日は去年と同じくうさぎの神社へお参りしました。
写真も撮影したけれど、内容は一昨年と同じです調神社

そしてベトナム旅行の続き。
テーラーへの注文も終わり、18時に仮縫い確認に戻ればいいので、
街の散策を始めました。

かわいい刺しゅうの雑貨が色々ありました~
ドンコイ通りのラッキープラザで刺しゅうの巾着を沢山買いました。

DSC_0389.jpg

お菓子やお茶を入れて友達や家族へお土産にしました。

DSC_0387.jpg

オーガンジーの巾着がなんともかわいい
裏に糸が渡っているので実用には適さなそうですが、
プレゼントのラッピングとして使ったらいい感じです。

ベトナムの女性はとっても器用なのですね。
こんなかわいい刺しゅうがある一方で、
芸術的な刺しゅうも…。

刺繍画の専門店X.Q刺しゅう
お店に入ったらアオザイの若い女性が何人かいらして、
美術館のように沢山の刺しゅう画を展示してありました。



とにかく素晴らしいです  ほぼロングアンドショートとサテンステッチで、
この面積をこれだけ刺すのにどれだけの日数がかかるのでしょうか?

IMG_20151207_23.jpg

油彩画のような存在感です。

IMG_20151207_18.jpg

作業途中の刺しゅうもありました。

IMG_20151207_19.jpg

そして両面刺しゅう。

IMG_20151207_21.jpg

ちょっとわかりにくいですが、裏表が無い両面の刺繍です

IMG_20151207_20.jpg

は~世の中凄い方々がいらっしゃるのね~。
私などハガキサイズの刺しゅうでさえ、なかなか出来上がらないのに…。

とっても勉強になったので(見ただけだけど)来てよかったです。

この後は気になる雑貨屋さんがあるパスター通りやレイタントン通り、
レロイ通り、あらゆる通りやベンタイン市場などを歩いてまわりました。

私は普段からどこでも歩いて移動しているのですが、
夫は仕事も休みも車の生活なので、歩くのに慣れていません。
「ふくらはぎが…」「足が痛い」などと散策1日目にして大ダメージのようでした。

疲れたら荷物を置きにホテルへ戻って休憩できたので、
便利な立地のホテルにして良かったです。

そして仮縫いの18時にUSAGIへ行きました。
が、まだできていないので15分したら来てとのこと。
当日仮縫いってやはり大変ですよね~。

夫は外のお店でビールを飲んで待ちたいと行って出て行きました。
そしてこんなことに

IMG_20151207_27.jpg

お店の前の道端なのですよ。
でもベトナムでは一日中こんな光景を目にしてました。

この椅子など背もたれがありますが、
背もたれが無い風呂椅子っぽいものが主流でよく見かけました。
そのプラスチックの椅子は、食事テーブルや脚立や作業台等、
色々に活用されていました。

私も隣に座ってビールを飲んでみました。
ちょっと落ち着かなかったけれど、
道端から見る風景は違って見えて、何だか楽しかったです。

仮縫いも無事終了し夕食へ出かけました。
長くなったので、食事にご興味がある方は続きを見るでご覧ください。


続きを読む

テーマ:刺しゅう - ジャンル:趣味・実用

[2016/01/03 00:28 ] | ベトナム | コメント(2) | トラックバック(0)
ベトナム2日目
前日の結婚パーティーとは打って変わって静かな中庭。



ベトナムは4日間ですが、初日と最終日はほとんど移動の日で、
実際は中2日間です。
なので、まずは洋服をオーダーするためテーラーへ向かいました。

事前に調べたところ、観光客の女性向けテーラーに比べて、
男性のスーツをオーダーできるところは少なかったです。

ホテルから比較的近くて、日本語も通じるお店ということで、
ベトナムナビさんでも紹介されていたUSAGIに向かいました。
名前も気に入っていましたし

お店は10時から開店ですが、まだ9時過ぎでしたので、
ドンコイ通りの開いているお店を散策して、
バッグやアクセサリーを買ってしまいました。

IMG_20151207_15.jpg

購入したバッグです。日本円で千円ちょっとくらいでしょうか。
刺しゅうがこってり前面にしてあるバッグも沢山あったのですが、
結局使いやすいのはこんなタイプ

DSC_0391.jpg

ネックレスはロングでもショートでも使えます。


10時になってからUSAGIへ戻り、夫のスーツを2着オーダーしました。
なんとベストもつけ、更にシャツも3枚オーダーです。
スーツは1着1万5千円~2万円、シャツは3千~4千円位だったと。
日本でオーダースーツなんてしたことが無いのですが、
こんなにお安くはできないですよね~

生地を選び、身体を採寸して、当日の18時に仮縫いの確認をすることに。
オーダーした当日に仮縫いなんてびっくりです
夫は昔、スーツの生地の関係の仕事をしていたので布に詳しいのです。
何だかとっても良い生地を選べたようで興奮気味でした。

実は、今回の旅行は夫が会社に20年勤めていただいた
リフレッシュ休暇で来ました。
それで、夫が楽しい旅行にしたいと思いスーツのオーダーを考えたのです。

USAGIを後にしてすぐ近くのCOCO(ココ)へ。

先程のネックレスを買ったお店。
その時3階でオーダーメードもしていると伺っていたのです。

IMG_20151207_17.jpg

USAGIはオフィス向けなスーツやワンピース系でしたが、
私はカジュアルでかわいい服が多かったCOCOでオーダーしようと思いました。

IMG_20151207_16.jpg

お針子さん達が作業していらっしゃいます。
刺しゅうをしていらっしゃる方も。
その横で採寸してもらい、
ワンピースとスカートをオーダーしました。

何だか長くなってしまったので続きはまたにします








テーマ:刺しゅう - ジャンル:趣味・実用

[2015/12/30 00:21 ] | ベトナム | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。