オルゴールの箱
もう一年ぐらい前に習ったのに、
途中になっていたオルゴールの箱を仕上げました

オルゴール

外側は出来上がっていたのですが、
内箱と箱受けを作っていませんでした。

オルゴール

近々、8番刺しゅう糸を収納出来るサイズで、
刺しゅうを蓋に張ったカルトナージュを作る予定です。
内側は2段にして内箱を付けるつもりです。

その為にも内箱付きの箱を作って、
思い出しておこうと仕上げてみました。

オルゴール

カルトナージュの先生のアトリエで習ったので、
布も先生の所で選ばせていただきました。

男の子や天使や小鳥の模様です

オルゴール

オルゴールの箱なので、本当はオルゴールが中に入るはず。
でもアクセサリーを入れようかなと思っています

オルゴール

明日は8番刺しゅう糸用の箱を作るつもりです。
というか、まずは設計からかな…


テーマ:ハンドメイド - ジャンル:趣味・実用

[2014/04/27 21:24 ] | カルトナージュ | コメント(0) | トラックバック(0)
レターラック
昨日はカルトナージュ教室でした
前回の続きのレターラックを仕上げました。

レターラック

布は随分前に買ってあったお気に入りです。
マザーグースの詩の挿絵になっています。

マザーグースで有名なのは、
ハンプティーダンプティー、ロンドン橋、メリーさんの羊、色々ありますね。
この布にはいくつか描かれていて、
絵本みたいで好きなんです。

レターラック

ハンプティーダンプティーは不思議の国のアリスにも登場しますよね。
はるか昔にイギリスで買ったメモ帳ホルダーにもハンプティがいます。
考えてみれば、これもカルトナージュでした。

レターラック

私が子供のころ読んでいた絵本にマザーグースがありました。
と言ってもマザーグースだと意識していたわけではなく、
面白い詩と挿絵が好きだっただけです。

中学になって母の影響でアガサクリスティーの推理小説に夢中になってから、
あの絵本はマザーグースだったんだ~と気が付きました。
何しろマザーグースの詩に合わせて起こる殺人事件がいくつかあるので。
クリスティーに限らず、イギリスやアメリカの小説や童話にはよく引用されていますよね。

レターラック

その絵本で衝撃的だったのが、ハンプティーダンプティーでした。
このカルトナージュにもありますが、
ハンプティーダンプティーは生卵のくせに塀に登ってます。

「ハンプティーダンプティー塀の上、
ハンプティーダンプティー落っこちた
王様と兵隊が来ても、ハンプティーダンプティー元に戻らない」

だいたいこんな詩だったかと。
絵本の挿絵は落ちる前のシーンと後のシーンの2ページになっていて、
落ちている方ではハンプティの頭から、
黄身がとろ~って出ちゃっているんです
子供心に怖いけれど、絵がきれいだったのでよく覚えています。

このレターラックの後ろにも助けに来たらしき兵隊さんがいます。
そして、まさに塀から落下中のハンプティーダンプティー!

レターラック

レターラックの横になっている猫の詩も好きでした。

「猫にヴァイオリン、牛が月を飛び越えた、犬が笑って…」
そんな感じで意味不明。本当にナンセンスな詩です。
英語だと韻を踏んでいて音の繰り返しがあるようですが、
日本語訳だとわからないですしね。

子供のころに読んだ絵本の話や挿絵って鮮明に覚えているものですね。
マザーグースもとってもよく覚えています。

私が気に入っていた犬とおばあさんの話はこの布には無いですが、
レターラックの一番正面にした、
靴の中にはっているおばあさんの絵の話も好きでした。

レターラック


私の絵本ではこんなにかわいい靴ではなく、ロングブーツでしたが。
靴の中におばあさんと子供たちが住んでいて、
子供達は貧しくぼろを着ていて、
おばあさんは子供にムチを使ったりする怖い人でした。

でもその絵本の靴は、編み上げのロングブーツで紐で縛って屋根もあり、
家具や壁かけのベッド等もあって、住み心地は良さそうでした。

またあの絵本を見たいな~。もう実家には無いんです。

最近、昔読んだ絵本や童話をやたら思い出します。
これって大丈夫なんでしょうかね

でも心に残る素晴らしい本を与えてくれた母や、
素敵な挿絵を描いた画家さんには感謝してしまいます。
絵本っていいものですね。


テーマ:刺しゅう - ジャンル:趣味・実用

[2014/03/20 00:23 ] | カルトナージュ | コメント(0) | トラックバック(0)
小箱
クリスマス終わってしまいましたね。
もうすぐ2014年がきてしまいます

前の記事でディズニーランドへ一緒に行った友達は、
11月が誕生日でした。遅くなったけど、
ディズニーランドでプレゼントを渡そうと思い準備していきました

彼女はいつもブローチを上手に身に着けているので、
スワロフスキーの小さな王冠のブローチにしました。

ブローチだけだと何となく物足りない気がしたので、
以前カルトナージュで習った箱を作りました。

小箱

彼女のイメージの布を貼った小さな箱です。
習った時は「携帯用のソーイングBOX」とのことでした。

中を撮影するのを忘れてしまったのですが、
蓋の内側には綿が入っていてピンクッション替わりになります。

今回はブローチを入れて、
アクセサリーBOXのようにしてプレゼントしました。

とっても喜んでくれたので、嬉しかったです
プレゼントを選ぶのは難しいけど、
ラッピングしたりするのは好きなんです。

最初にお教室で習った小箱は、
先生が用意して下さったリバティープリントから、
好きなものを選んで作りました。

小箱

画像があまりきれいではないですが、
とにかくかわいいです。
リバティー大好きなので嬉しかったです。

小箱

こちらは中も撮影してみました。
蓋を開いておくためにハサミを立てています。
蓋裏にポケットがあって、その向こうは綿が入っていて針を刺せます。

今度はワンポイント刺しゅうをしたものを作ってもいいかな
と思っています



テーマ:ハンドメイド - ジャンル:趣味・実用

[2013/12/26 23:49 ] | カルトナージュ | コメント(0) | トラックバック(0)
手帳カバー
カルトナージュの手帳カバーを習ってきました
先生はいつもカルチャーで教えていただいている、アトリエプリュム様です。

イニシャルをエンボスで入れています。

手帳カバー

マグネットで蓋を出来るので、カバンの中で開くこともないです。
ペンも中へ納まるので、
表紙へ挿していたら外れて行方不明なんてことも無くなります。
色もピンクで華やかです

手帳カバー

中はリバティープリントです

手帳カバー

かわいいです

私はピンクを選びましたが、
他の方は白、紫、紺のスキバルで作っていらっしゃいました。

嬉しくて帰りの電車で何度も出して見てしまいました


テーマ:ハンドメイド - ジャンル:趣味・実用

[2013/11/30 21:10 ] | カルトナージュ | コメント(2) | トラックバック(0)
長方形の箱♪
昨日はカルトナージュ教室の日でした
月に1回のお教室で、2回で1つ作ります。

2回目の昨日は長方形の箱が出来上がりました。

CDボックス

私にしては派手目な生地です。
ネットショップで購入したので、思っていたより色鮮やかでした。
夫には眩しいとまで言われてしまいました。

でもたまにはいいかな~

蓋を開くとこんな感じ。

CDボックス

縦方向へ開くのです。先生はCDの箱のイメージとのことでした。
中も柄違いを貼ったので、更に眩しい仕上がりです

この布は前々回の課題の「アクリル蓋の箱」でも使いました。

アクリル蓋の箱

名前の通り、蓋にアクリルが入っていて中身が見えるようになっています。

アクリル蓋の箱

アクリルの下へ絵や布を挟んで額縁蓋にも出来るので、
今度作るときは刺しゅうを入れて作ってみたいと思っています。

それにしても、カルトナージュを習い出してから、
家が箱だらけになってきました

箱


手芸の材料など収納にも使っているし、
作るのは楽しいのですが…カルトナージュを習っている方の共通の悩み?

きれいな箱があるだけで、その場所が明るい感じになるんですけどね




テーマ:ハンドメイド - ジャンル:趣味・実用

[2013/10/16 14:40 ] | カルトナージュ | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>